環境ステーションといえば人間社会においての重要性は間違いないです。現在、そしてこれからも環境問題と人は付き合っていかなければなりません。そして、現在も環境ステーションは地球の環境問題に比べて少ないように見えます。発展が著しい現代社会において、IT技術の発展、インターネットのグローバル化などの促進と同時に環境に対する考え方も変えていかなければなりません。環境ステーションの数が増えて、社会における1人ひとりの環境への取り組む意識が変わればより環境と人間社会の共存ができていきます。温暖化や酸性雨を目から背けず人間が向き合っていくチカラが必要です。現代の若者や、これからの日本を背負う世代に環境の重要性、動物の保護、自然に関する考え方を変えていく必要があり、そして、それは今後も続けていかなければなりません。

環境ステーションと未来の日本

もともと日本には、高層ビルが多い街が存在しこれからも増え続けるに違いありません。環境ステーションはそういった、増え続けるビル街や人が多く集まるところに緑を取り入れ、自然を増やしていくという取り組みを行っていきます。もともと価値ある日本の街に緑を取り入れる活動はこれからの日本の中心街、都内には欠かせない存在となっていくでしょう。さらに環境ステーションでは環境だけではなくハイブリッドカーなどにもチカラを入れており、まさに人間と自然の共存を目指している企業です。多くの地域汚染や環境問題のニュースが途絶えない中でこのような取り組みは間違いなく日本のこれからだけではなくて、地球のこれからを支えていくに違いありません。日本だけではなく世界、人類が取り組む必要がある環境問題に対してチカラを入れることはとても大切なのです

環境ステーションの利用方法の告知

一口に環境ステーションと言っても、各都道府県、各市町村により、住民との関わりは多種多様です。ゴミの収集はどこでも行っている事ですが、その他にリサイクル関連事業の中でもいろんな取り組みをしている所があります。家庭から剪定枝を回収してチップにして必要な家庭に配布したり、不要な家具や自転車などを回収して無料や低価格で必要な家庭に配布したり、最近増えているのは、夏場の電力を抑える家庭でのグリーンカーテン作りを奨励する為にゴーヤの苗を無料で配布する所です。その他雨水を貯めて再利用する為のタンクの設置の工事費の助成や、生ゴミを肥料にするためのコンポストの費用の助成をしている所などもあります。どの取り組みも一つ一つは良いのですが、告知の方法が各市町村の広報誌にのみ頼っている所が多く、認知している人が少ないのが残念です。関心のある人は多いはずなので、告知の方法に工夫が必要です。

コメントを残す